八十八夜

こんにちは!

5月に入り空気が変わりましたね。

特に昨日は青い空と白い雲のコントラストがはっきりして夏を感じさせる色彩でした。

さて、今年の5月1日は『八十八夜』でした。

例年2日に当たることが多いですが今年は1日。

八十八夜とは立春から数えて八十八日目という意味で、

春から夏に変わる節目の日で、この日から夏の準備が始まります。

この日を基準に夏野菜などの種まきや植え付け等をおこなっていたそうです。

また、八十八という字は米という字になることから、五穀豊穣を願い、末広がりで縁起の良い日ともされています。

『八十八夜の別れ霜』…この時期は気候が暖かくなるが、遅霜(おそじも)が降りて農作物の被害が出る時があります。

『八十八夜の泣き霜』という言葉もあるそうです。

八十八夜と言えば新茶ですが、この日に摘まれたお茶は、栄養価が高く、不老長寿の縁起物として重宝されていたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL